みなづき珈琲からのお知らせ


by minazuki-coffee
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
a0023483_0412224.jpg

東京でも大雪が降った日、外での雪遊びに疲れた後は和菓子と珈琲で一休み。

温かい珈琲を長い時間楽しむためためには、珈琲を注ぐ前のカップにお湯を入れて温めておくと良いです。
また、冷たいテーブルの上に直接カップやグラスポットを置くと、これも珈琲の温度が下がる原因になってしまうので、できるだけ厚めで高台のあるカップやソーサーと共に使いましょう。

しっかりと温まったカップを両手で握りしめて和菓子と共に味わう珈琲は香り高く心地良い酸味のあるグァテマラやモカがおすすめです。
[PR]
# by minazuki-coffee | 2013-01-16 00:52 | 本/マメ知識

のづた丘の上秋まつり

a0023483_044435.jpg

今年で2年目の出店になる「のづた丘の上秋まつり」、秋らしい高い空の下での開催になりました。
a0023483_0445251.jpg

今年のテーマは「子どもも楽しめるコーヒー店」、たくさんの子どもに手挽きミルを使って豆を挽いてもらいました。子どもの嗅覚は敏感で、豆を挽いていると「珈琲の香りがして来たぁ〜」と行ってくれたり、ローテーブルにしたとでドリップのようすを間近で見せることができたので、お湯をかけると粉がムクムク膨らむのを目の前で見て「うわ〜」と反応してくれたりしたのは嬉しいことです。
a0023483_0444751.jpg

準備した珈琲豆は終了時間30分前に完売。
a0023483_0571425.jpg

全部で200個と少し用意したりんごパン、かぼちゃパン、にんじんパン、トマトパン、カンパーニュ2種類、バナナパイも完売! ありがとうございました。
a0023483_059445.jpg

珈琲の話だけでなく、里山保育の話、町田の自然の話、藤野電力さんの太陽光パネルの話など、共通の話題でたくさんの方とゆっくり語り合えた楽しい秋まつり、このようなイベントがもっと増えて欲しいです。
[PR]
# by minazuki-coffee | 2012-11-06 01:10 | 出張喫茶、イベント
スポーツの秋。普段はあまり身体を動かさない人でも、週末に地域や子どもの運動会に参加し、久しぶりに運動をされるかたも多いのではないでしょうか。
そんな日の朝にはコーヒーを1杯。できれば運動会にも保温のできるマグカップにコーヒーを淹れて持って行くことをお薦めします。

運動する数時間前にコーヒーを飲むと、より多くエネルギーを消費し、脂肪の燃焼を促す効果があると言われていますし、屋外で自然の空気を吸って紅葉を眺めながらコーヒーを飲むのは気持ち良いですよ。

コーヒーと運動の関係を読み解く。
http://coffee.ajca.or.jp/webmagazine/health/doctor/health69
[PR]
# by minazuki-coffee | 2012-10-17 07:08 | 本/マメ知識
a0023483_0381936.jpg

京都市上京区にあるSocial Kitchenで行われた「暮らしについて考えるごはん会」に参加してきました。

少し早く到着したので、藤野電力さんの「電気作りのワークショップ」も見学をしたのですが皆さん始めての太陽光発電にワクワク、ドキドキしながら通電している姿が印象的でした。そして始めて自分のソーラーパネルとバッテリーで電気がついた瞬間の歓声は小学校時代の理科の実験みたいで面白かったです。
僕も早く太陽光発電システムを立ち上げねば!

そして、僕にとってメインのごはん会。京都産の野菜をたくさん使った料理はとてもおいしく、美味しいご飯を食べると話も弾むもので、たくさんの方と始めてあったとは思えないほど語り合いました。
自己紹介もしたのですが、一人一人の活動の幅が広く面白い!刺激もたくさん受け、京都や滋賀で開催されているたくさんの魅力的なイベントについても教えてもらえました。
今、みなづき珈琲は東京都町田市、横浜市青葉区、旧藤野町などを中心に活動していますが、京都、滋賀でもイベント出店できたらなぁと考え始めています。

ごはん会の時間はあっという間に過ぎ、また会いましょう!なんて言いながら楽しく別れ、一部の方とは2次会まで行ってさらに語り合ったのですが、連絡先を聞けなかった方もたくさんいました。
もしよろしければ、Facebookやメール(minazuki@blossoms-design.com)に連絡ください。
イベントに遊びに行きます。


https://www.facebook.com/minazukicoffee
[PR]
# by minazuki-coffee | 2012-10-15 01:21 | エコ、節電

太陽光発電をしよう!

a0023483_8375013.jpg

上の写真は2009年のひかり祭りで「森氣庵」さんと一緒に出店させていただいた時のもの。左下にソーラーパネルがあり、電動のコーヒーミルを動かすのに使っているのですが、バッテリーをフル充電にした状態から使い始めれば2日間のイベントは十分に賄えます。

a0023483_838389.jpg

(※2006年頃は「みなづき」は漢字で「水無月珈琲」という屋号でした)

2006年に藤野ART収穫祭 「こもりく」に出店させていただいてから、野外イベントでの出店の気持ち良さ、お客様や一緒に出店している方々との新しい繋がりが出来て行くことが楽しくて、主に旧藤野町(神奈川県相模原市緑区)のお祭りに参加するようになりました。
そんな中、2008年に遊びに行ったイベントで奥さんが整体を受けたことから「森氣庵」さんを知り、その後の藤野町でも何度もお会いしたのですが、目印はソーラーパネル。太陽光発電って良いなぁと思いながらいろいろと話を聞かせてもらいました。その後も頻繁に顔を合わせる中で、イベント出店でやりたいことだけで無く、日常の暮らし方、考え方にも似たものを感じ、共同出店することになりました。

a0023483_8375816.jpg


「共同」と良いながらも、ソーラーパネルだけでなく、ブースの設置の際のロープワーク、ペレットストーブ(きりん君)など、刺激されることだらけ。我が家に薪ストーブを入れる際にもたくさん助言をもらっていて本当に頼りきりです。
そんな「森氣庵」さんのソーラーパネルを使った活動も今では「藤野電力」という形で、藤野町から神奈川県、そして全国へとどんどん発展しています。

僕もイベント出店でのソーラーパネルシステムは検討中。コーヒーミルだけでなく照明などイベント出店に必要な全ての機器を、そして日常生活でパソコンや充電を必要とする携帯機器、部屋の照明までを太陽光発電で賄えるようにシステムを考えています。持ち運びを考えると太陽光パネル(50W)、ディープサイクルバッテリ(115Ah)が基本、その他に必要なチャージコントローラ、DC電球(LED)、DC/DCコンバータも含めて調べている時間は楽しいです。
[PR]
# by minazuki-coffee | 2012-09-16 10:03 | エコ、節電

干し野菜

a0023483_15114397.jpg


最近、仕事が忙しい時は京都での生活が続くこともあり、朝7時に家を出て、帰ってくるのが夜23時と自宅で食事を食べられない日も多いです。
たまに早く帰って来た日くらいは、自分で料理を作りたいのですが一人暮らしの冷蔵庫を開けると乾涸びかけた野菜が・・・
ということで調べてみたら、良い方法がありました。

干し野菜」にすることで、日持ちが長くなるだけでなく、野菜の甘さが感じられたり、栄養価もあがるようです。

晴れた週末にさっと作ってしまうもよし、屋内でも風通しと湿度さえ気をつければ大丈夫なようです。
インターネットで検索したら、干ししめじ、干しピーマン、干しなす、干し小松菜などなんでも出てきます。

さて、土曜の夕方はスーパーに買物に行くのが習慣。干し網も探してきます。
[PR]
# by minazuki-coffee | 2012-09-08 15:12 | 雑記

雨の日こそ自転車で

a0023483_23252182.jpg


帰宅しようとしたら予想外の雨。
駅前の駐輪場まで歩きながら、そのまま駅の改札に向かうか駐輪場に向かうか悩む。
このまま雨に濡れながら帰ってタオルでしっかりと拭けば・・・

自転車がきれいになるな!

ということで、自転車で帰宅。
程良く濡れた自転車の水分と一緒に汚れも落とし、チェーンもホイールもきれいになりました。お風呂に入って自分の身体もきれいにした後、チェーンにオイルを注して洗車完了。

天気予報をチェックしたら雨は夜半に上がるようで、明日の朝はピカピカになった自転車を楽しめそうです。
[PR]
# by minazuki-coffee | 2012-09-03 23:22 | 自転車

本日の珈琲教室

a0023483_2217471.jpg


本日の珈琲教室のおさらい。
今日は教室に2回目の参加の方と、焙煎後1週間、3週間、5週間の豆の淹れ方での共通点と違う点を比較しながら、いろいろな淹れ方を試すのがメインになりました。

コーノ式を使用してコーヒーを淹れるとき、最初はゆっくりポタポタとお湯を注ぐのですが、その時にコーヒーの粉に注目すると2つの段階があることに気づきます。
 1)粉が自然と膨らんでくる状態(写真左)
 2)粉の中から泡が出て来る状態(写真右)
この2つの状態をどうやって作るのか、そしてどのようにお湯を注げば良いのかが今日のポイント。珈琲のコクと味わいをしっかりと出すには、ここが重要です。

珈琲粉を見つめ、「もっとゆっくり注ぐ?」「もう膨らみきった?」と会話(のようなこと)をしながら淹れる様子を見て、「愛情を持って珈琲に接するのですね」という聞かれて「はい!」と言ったものの、技術的な説明になっていなかったですね。
でも、最後には自分なりの珈琲の淹れ方を見つけていただいたようで嬉しかったです。

珈琲は嗜好品。お客様が求めている味わいを、お客様が楽しめる淹れかたで実現できたらなぁと思いながら、教室を行っています。
[PR]
# by minazuki-coffee | 2012-09-02 22:40 | 出張喫茶、イベント